グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  研究 >  肝胆膵外科

肝胆膵外科


臨床研究

①モノポーラーとバイポーラーでのソフト凝固モードの比較

両者の利点と欠点を明らかにするとともに、実臨床で使用する際の注意点について報告しました。

②膵癌手術後の体重減少が術後補助化学療法の継続性に与える影響

膵切除の周術期には積極的な栄養管理やリハビリ介入を行って、著明な体重減少が起こらないような術後管理を心がけています。

③膵液漏や腹腔内感染を伴わないDGE(Primary DGE)の発症に、周術期の輸液過剰が与える影響

膵切除の周術期には漫然とした補液を行わないように、周術期輸液管理を変更しました。

基礎研究

①基礎研究は癌と脂質代謝の関連性や、膵癌の神経浸潤における分子メカニズム

non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD)由来の肝細胞癌において膜タンパクであるcaveolin-1が高発現しており、脂質が豊富な環境での生存を有利に進められるように機能していることを見いだしました。これにより、増加傾向にあるNAFLD由来の肝細胞癌は、肝炎ウイルス由来の肝細胞癌と分子生物学的に大きく異なることが分かり、新たな治療標的の発見に繋がる知見と思われました。

②大腸癌細胞株で飽和脂肪酸が結合したホスファチジルコリンが細胞膜に豊富に存在しているメカニズム

大腸癌細胞株で飽和脂肪酸が結合したホスファチジルコリンが細胞膜に豊富に存在しているものは、細胞膜の流動性が低下し、5-FUに対して抵抗性を示すことを見出しました。これにより、細胞膜の脂質組成を調整することで抗癌剤の感受性が変化するという、新たな治療標的の発見に繋がる知見と思われました。

③胆汁中のエクソソームによる胆管癌の診断バイオマーカーとしての利用

胆汁中のエクソソームと呼ばれる細胞外小胞に着目し、エクソソームのホスファチジルコリン含有量が、胆汁細胞診よりも診断精度の高いバイオマーカーとなり得ることを報告しました。胆管癌患者の胆汁中エクソソームには、脂質(とくにホスファチジルコリン)が多く含まれている。これにより、術前診断の難しい胆管癌において、新たなモダリティが増える可能性があると考えており、更なる診断能の向上や臨床応用を目指しています。

④膵癌の神経浸潤とTenascin C (TNC)の発現

陽性例においてTenascin C (TNC)が高発現しており、術後再発のリスク因子であることを見いだしました。膵癌細胞株とマウス後根神経節を共培養しTNCを添加すると、膵癌細胞と神経の相互作用が活性化されることが分かりました。これにより、膵癌神経浸潤における新たな治療標的として、TNCが候補となり得ると考えられました。膵癌の神経浸潤に関しては、膵癌細胞株の中でも神経細胞に対する親和性が異なっていました。それらの違いを明らかにするために遺伝子発現解析を行ったところ、Ephrin receptor A4 (EPHA4)が膵癌細胞の神経浸潤に重要な因子であることが分かりました。これにより、膵癌神経浸潤における新たな治療標的として、EPHA4も候補となり得ると考えられました。

論文

1: Analysis of anatomic variants of mesenteric veins by 3-dimensional portography using multidetector-row computed tomography. Am J Surg. 2010 Jul;200(1):15-22.
2: Detection of intrahepatic veno-venous shunts by three-dimensional venography using multidetector-row computed tomography during angiography. Surg Today. 2014 Apr;44(4):662-7.
3: Bile leak test by indocyanine green fluorescence images after hepatectomy. Am J Surg. 2010 Jul;200(1):e19-23.
4: Comparison of operative outcomes between monopolar and bipolar coagulation in hepatectomy: a propensity score-matched analysis in a single center. Cancer Med. 2023 Apr 25. BMC Gastroenterol. 2022 Mar 29;22(1):154.
5: Body weight loss after surgery affects the continuity of adjuvant chemotherapy for pancreatic cancer. BMC Cancer. 2019 May 2;19(1):416.
6: A comprehensive strategy for perioperative care of pancreaticoduodenectomy according to the risk stratification by pancreatic fistula and delayed gastric emptying. Asian J Surg. 2022 Jan;45(1):172-178.
7: Role of caveolin-1 in hepatocellular carcinoma arising from non-alcoholic fatty liver disease. Cancer Sci. 2018 Aug;109(8):2401-2411.
8: Saturated Fatty Acids in Cell Membrane Lipids Induce Resistance to 5-Fluorouracil in Colorectal Cancer Cells. Anticancer Res. 2022 Jul;42(7):3313-3324.
9: Phosphatidylcholine in bile-derived small extracellular vesicles as a novel biomarker of cholangiocarcinoma. Cancer Med. 2023 Apr 25.
10: Tenascin C in the Tumor-Nerve Microenvironment Enhances Perineural Invasion and Correlates With Locoregional Recurrence in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma. Pancreas. 2020 Mar;49(3):442-454.
11: Ephrin Receptor A4 Expression Enhances Migration, Invasion and Neurotropism in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma Cells. Anticancer Res. 2021 Apr;41(4):1733-1744.